遠心方式 多検体 接着力・密着力測定装置 LUMiFrac
遠心方式多検体接着力・密着力測定装置LUMiFracは遠心力を用いた新しい接着力・密着力測定装置です。これまで難しかった薄膜状のサンプルの接着力・密着力測定に対応が可能です。同時に8検体を温度制御下にて密着力・接着力の測定が可能です。測定後にサンプルの破断面の観察を行う事で、接着や密着不良の解析も可能になります。

遠心方式 多検体 接着力・密着力測定装置 特長
▶ 簡単な試験片の準備(クランプ不要)
▶ 最大8検体同時に接着力・密着力測定が可能
▶ 高い測定再現性
▶ 幅広い接着力・密着力測定範囲(0.1N〜6.5kN)
▶ 引張およびせん断強度の測定が可能
▶ 回転数及び荷重の変更が簡単に可能
▶ 温度制御 -11℃〜+ 40℃
▶ 破断面の確認が可能な為、接着・密着不良の解析が可能
▶ ISO 4624、DIN EN 15870、JIS K 5600-5-7およびDIN EN 14869-2に準拠

接着力・密着力測定 原理・手順

【試験片準備】サンプルをテストスタンプ(おもり)に下図のように取り付けます。

【試験片を遠心機構にセット】
クランプでの固定が不要な為、薄膜状のサンプルなど、これまで接着力や密着力の測定が難しかった様々なサンプルに対応可能です。








【試験片に荷重を加える】
作成した試験片を遠心機にセットして、遠心力を用いてサンプルに荷重(0.1~6.6kNの範囲)を加えます。






【破断】
遠心機の回転数を上げて荷重を加えるとサンプルが荷重に耐えきれなくなり、破断を起こします。









【破断の瞬間をセンサーで検知】

破断を遠心機内に設置されたセンサーで検知し、解析用パソコンに接着力・密着力の算出に必要な情報(回転数等)を送ります。テストスタンプ、回転数等の情報から破断した際の荷重(接着力・密着力)を算出します。







【破断パターンの解析】

測定後、破断面を観察する事が可能な為、接着・密着不良の原因解析が可能です。







測定事例:エポキシ樹脂の混合比率と硬化条件による接着力の違い

2液混合タイプエポキシ樹脂の混合比率を変え、硬化温度を室温と150℃で硬化させたサンプルの接着力測定事例。

接着対象は銅基板。混合比率や硬化条件による違いが明確に数値化できていることが分かります。


専用解析ソフトウェア SEPView7
直感的に操作出来、接着力・密着力に関する各データの把握が容易に出来るように設計されています。



お問合せ














テストスタンプ


遠心機内部


破断面写真

SiOコーティング膜の破断面

せん断測定用治具



http://www.lum-japan.com/lumifrac.html