フルスペクトル分光吸光度測定装置

【装置外観】

【対象分野】

☆医薬品の開発用途

 ・DNA測定

 ・タンパク定量

 ・ELISA

 ・酵素活性試験等

☆各種顔料・インクの吸光度特性

☆フィルム・ガラス材料等の吸収特性

☆化粧品・食品等の吸光測定

【特長】

・キュベットと各種マイクロタイタープレートの両方で測定が可能

 (1検体~複数検体まで対応できることにより測定時間大幅短縮)

・コンパクトなボディー(大型の分光光度計が不要)

2201000nmのフルスペクトル吸光の測定が可能

・分解能は1nmの高精度で測定が可能(1,2,5,10nmごと測定可能)

・6~384wellプレートまで標準装備で測定可能

・最大8種類まで任意の波長を指定して、完全同時測定が可能

・スペクトルチャートが、1wellあたり1秒以下で可能

・温度コントロール機能搭載(室温+3~45℃)

・マイクロプレートのシェイキング機能搭載







お問合わせ