濃厚スラリーの分散安定性評価

長時間掛かる濃厚スラリーの分散安定性評価を遠心沈降分析装置で迅速に行えます。長期安定性が必要なスラリーに対する分散剤の選定や投入量の最適化が可能になります。


測定法概要

遠心沈降分析装置は遠心力で強制的に粒子を沈降させその変化を光学的に捉えソフトウェアで解析することにより粒子の沈降速度や粒子径分布の算出が行えますそれらのデータからスラリーの微粒子化度合や分散安定性評価が迅速に行えます

また同時に多検体の測定が可能ですので、分散剤のスクリーニング等にも対応可能です。自然沈降測定装置での測定も対応しております。


測定事例

下記はアルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(ABS-Na)によって分散安定化された0.1wt濃度のカーボンブラック水系懸濁液の遠心沈降実験の結果です。(懸濁液の透過光強度プロファイルの時間経過の変化)

沈降速度は分散安定性が高いほど遅くなります


下記はABS-Naの濃度の違いによる沈降速度(グラフの傾き)の差をプロットしたものです。分散剤の最適量が沈降特性から容易に求める事ができます。



お問合せ