新着情報

X線透過式のLUMiReader X-RAYは、原液のままで超高濃度分散液やナノ粒子分散液中の濃度変化や迅速な分離現象を研究することに特化した装置です。従来の光学式では測定不可能な超高濃度・超濃色、あるいは透明な分散液をX線を用いることで分析することができる、今までにはない画期的な装置です。

多検体・分散性評価 粒子径分布測定装置LUMiSizerは分散安定性・粒子径分布測定・濡れ性評価を一台で行うことができます。さらに遠心機構の採用により、最大2300G、4~60℃の幅広い温度域で最大12検体同時に評価が可能な為、様々なアプリケーションに対応出来ます。

LUM社製遠心方式多検体接着力・密着力測定装置LUMiFracは遠心力を用いた新しい接着力・密着力測定装置です。これまで難しかった薄膜状のサンプルの接着力・密着力にも対応可能です。同時に8検体の密着力・接着力の測定が温度制御下で測定可能です。

株式会社アントンパール・ジャパン様と協和界面科学株式会社様と弊社主催で「実践に必要な塗工材料評価・塗工表面評価双方からのアプローチ」と題したセミナーを2017年9月14日に愛知県名古屋市の名古屋ダイヤビルディング1号館で開催させて頂く事になりました。今回の講座では、塗工工程の開発・管理において重要な要素である濃厚分散系評価技術とレオロジー・界面特性評価の関係性を取り上げた構成になっておりますので、多数のご参加お待ちしております。

株式会社アントンパール・ジャパン様と株式会社住化分析センター様主催で「すぐに役立つ実践的スラリー評価技術のテクニックと最新トレンド」と題したセミナーを2017年6月22日に東京都品川区の株式会社アントンパール・ジャパン セミナールームで開催される事になりました。今回の講座では、開発速度や工程管理技術の向上を目指す方々にご活用頂ける内容として、「スラリーの実践的評価技術の各種テクニックと最新トレンド」をテーマに取り上げられておりますので、多数のご参加お待ちしております。

このたび事業拡大に伴うショールーム開設を目的に、2017年6月1日より事務所を東京都台東区上野から東京都台東区蔵前へ移転することとなりました。国内外の最先端の分析機器を取り揃え、展示・紹介して参りますので、是非、お立ち寄り頂ければと思います。

2017.4.10【新製品】医薬品安定性迅速評価ソフトウエア ASAPprime® を掲載致しました。
米国FreeThinkTechnologies社製 ASAPprime®ソフトウエアは暴露条件(温度湿度時間)を加速安定評価プログラム(ASAP)を基準に設計する事で導き出した統計学的分析結果からこれまで長期間の検証が必要だった医薬品有効期間の設定を最短3週間で実現可能になります。そのデータを基に包装材料の最適化検討をソフトウェア上で行えます。

250μL程度の少量サンプルで、0.15~150μmと幅広い大きさの凝集したタンパク質のサイズと濃度(個数)の測定が可能です。粒子サイズ別の個数をカウントするSingle Particle Optical Sizing(SPOS)を用いる事でサイズと凝集したタンパク質の濃度(個数)の両方を測定することが出来ます。SPOSはタンパク質凝集体測定に最適な評価技術です。

弊社提携先の株式会社武田コロイドテクノ・コンサルティング社主催で「ゼータ電位の基礎と超音波スペクトロスコピー-超音波評価法の最新情報と実用例から学ぶ分散・凝集評価-」と題したセミナーを2016年11月28日に東京都千代田区の日本化学会館で開催させれる事になり弊社も運営協力をさせて頂く事になりました。今回はゼータ電位の研究で著名な東京理科大学の大島先生に「分散・凝集評価のためのゼータ電位の基礎」、武田コロイドテクノコンサルティング武田先生に「なぜ濃厚系評価が必要なのか?-超音波法による分散・凝集の評価実例紹介-」、住化分析センター相沢様より実際の研究に即した(Liバッテリー)講演をして頂きます。基礎理論と実用系の測定法を学ぶ機会として頂ければと思っておりますので、多数のご参加お待ちしております。

2016.10.28 バイオ医薬品に関するコラム『バイオ医薬品AtoZ』を開設しました。
弊社提携先のTKYクリエイト株式会社 吉森 孝行様にお願いして、多くの方にバイオ医薬品に関する理解を深めて頂ければと「バイオ医薬品 AtoZ」と題したコラムを開設させて頂く事になりました。月に1回程度投稿していく予定です。何か皆様のお仕事のヒントになれば幸いです。メール配信も行っておりますので、最新版をリアルタイムで読まれたい方はご依頼頂ければと思います。

2016.10.28 バイオ医薬品開発サポートサービス掲載しました。
弊社はバイオ医薬品開発に長年従事されコンサルティング活動を行っておられる「株式会社TKYクリエイト吉森孝行氏」と提携、さらに受託分析会社と連携し単なるコンサルティングでは無く、評価及び結果・考察も併せたソリューションを提供する体制を整えました。これにより開発スピードの向上や製造工程の課題解決にお役に立てるのではないかと考えております。これらについてお悩みの方はこのサービスのご利用をお薦めいたします。




コラム【分散・凝集 AtoZ】

コラム 『バイオ医薬品 AtoZ』

お問合せ